2020年07月30日

漏水工事の進捗状況について


DSCN2097.JPG7月28日(火)富士見市勝瀬地区の県送水管漏水工事の進捗状況について、企業局水道管理課長より説明を受けました。漏水の原因(2019年11月道路に水が染み出た)と、工事内容、安全対策などについて確認しました。大久保浄水場からの送水管(口径1、600mm)から、700mmの枝管に接続するためのサージタンクの継ぎ目からの漏水であり、ここが送水できなくなると、広域にわたって水が止まってしまいます。慎重に工事を進めるためにも、送水管の通っている道路の通行を止め、仮設道路を作り、水道管の漏水部分を修繕するという大掛かりな工事です。送水管の修繕が終わっても、道路が元の線形になるのは、来年の3月という予定です。コロナ禍の中で、「安全対策を万全に」と要請しました。

説明を受けている写真は、なんだか、理解できない生徒に、先生が指導している図!(^^)!
専門的な知識が必要であり、難しかったですよ。でも、難しいことをわかりやすく伝えてくれる担当課。お世話になりました。

原因を調査するにも事故の起きないように、注意を払う。
原因を突き止めて、復旧するための計画を立て、工事を進めるために、近隣の住民に説明をする。
当たり前のことですが、専門知識だけでなく、コミュニケーション能力が必要です。

コロナ禍、異常気象、交通安全対策、などなど、課題がたくさんある中で、無事に工事が終了しますように。
住みよい街づくりのために、ご意見ありましたらお寄せください。
posted by とんちゃん at 21:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文化の灯を消すな!の思いを共有できた場としてはよかった。

IMG_5920.JPG
20年7月30日(木)公共施設の使用料軽減を求める要望書提出
 埼玉合唱団など、うたごえや、演劇鑑賞を進めている団体が共同で、県へ要望書提出。新型コロナ感染症拡大により、文化施設や、スポーツ施設で行う企画が、施設の使用制限で、中止、または延期を余儀なくされてきました。緊急事態宣言が解除されたのち、感染予防の徹底と、利用人数の制限がされています。
 要望は、人数制限するならば、利用料について考慮してほしいと、@施設使用料の減額。A入場料金による割増使用料について金額設定の見直し(入場制限50%なら、割増料金半額に)を求めたものです。

 愛知県岡崎市では、市独自で、「市民の文化芸術への熱意、スポーツ観戦によるスポーツへの活力を取り戻すため文化・スポーツ施設の使用料の一部を減額」しています。
憲法の25条、健康で文化的な生活送る権利を実行させるためにも、様々な形で声を上げていくことが大切です。

活発な意見が出されて、文化の灯を消すなの思いは、県も同じだということがわかってうれしい!
と参加された方から感想が出されました。
私は、
「これまでも、国の予算や制度は新しくできたが、それが現場の人たちの望んでいる形になっていない。状況が様々に変化する中で、現場の声を上げていくことによって、変わってきている。10万円の給付金の時も、当初は30万円の条件付き給付だったものを、多くの人が声を上げたことにより変わった。こういう場で生の声を聴くことができた県職員の皆さん。ぜひとも受け止めてほしい。そして、国の制度を活用するためにも、申請はどうしたらいいのか、国の予算をどう活用するか研究していただきたい」と述べました。

posted by とんちゃん at 21:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月17日

豪雨災害救援募金

DSCN1850.JPG
DSCN1849.JPG
九州を中心に東海、関西と、集中豪雨による被害が拡大しています。
コロナ禍と豪雨災害 二重の打撃。
お亡くなりになられた方々に心からお悔やみ申し上げます。
被災されたみなさまに、お見舞い申し上げます。
日本共産党ふじみ野市員会は、上福岡駅東口で募金を呼びかけました。
高校生が、チラシをジーと読んで、募金をする姿に、孫の姿と重なりジーンときます。
募金箱の前で 足を止めて、おもむろに財布を開け、お金を入れてくれる女性。
通勤帰りや買い物途中の方々が応じてくださいました。
日本共産党は、政府に対し、すべての被災者への速やかな支援を要請するとともに、引き続き、募金活動に取り組んでいきます。
DSCN1839.JPG

DSCN1845.JPG
posted by とんちゃん at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月13日

戦闘機買うよりも コロナ感染拡大急げ

DSCN1762.JPG
20年7月11日(土)  議会報告会 イン ゆめぽると(大井総合支所2階)
3月議会の報告会ができないまま、6月議会を迎えました。
6月議会報告会を 何とか市議団や、関係者のみなさんで開くことができました。
熊本の豪雨災害、コロナの感染拡大、気候変動による天候の変化の中で、集まってくれた方に感謝です。

県議会報告を私前原が。
6月市議会では、床井市議と、新井市議が一般質問。床井市議が報告。そして、足立市議が、意見書や、議会運営の特徴を報告。他会派の発言ではあるが、今後の問題提起を示した部分(日本共産党も同感の部分)が、休憩をはさんだ、本会議場で、発言した本人が「発言部分の取り消し」を、理由もなく取り消すなど、議会運営のあり方についてリアルな報告。

会場からは、
コロナ感染拡大に対して、PCR検査を、誰もが、気軽に、そして無料で受けられるようにしてほしい。それが感染拡大を防ぐ手段ではないか。

昔あった工場が壊されて、新しい商業施設ができた。交差点に面しているその交差点が、とても危ない構造になっている。何とかしてほしい

公民館が有料になって、その分を負担しなければならない。年金暮らしの人達の楽しい交流の場が、有料になって、祖の負担が大変だからと、仲間が去っていく。ますます引きこもりになってしまう。公民館の有料羽化は今からでも撤回できるか。

最近、飛行機の飛ぶ回数が増えた。そして、音がうるさい。低空飛行をしているからだ。軍用機になん憶円もかけるなら、その分 コロナ感染拡大防止のために回してほしい。

介護施設の送迎をやっている。運転に冷や冷やしている。歩道が狭いから、すれ違おうとして、ひょいと車道に人や、自転車が出てくる。通学路なのに、安全対策が不十分。スマートインターの大型車の通行は本当にやめてほしい。

たくさんの要望と意見が出されました。自分たちが住んでいる街を住みよい街に。
こうやって意見交流、情報交換する場は、元気が出ます。参加された皆さんありがとう。

塚越市議に写真を撮ってもらいました。『バシバシ撮るからね』と開会前には言っていた塚越さん。なんかね、謝っている写真と、目をつむっている写真2枚だけでした。私が悪いのでしょうか。塚越さんのやる気の問題だと思います(笑)
DSCN1763.JPG

日曜の夜は、孫の手品を見ました。
DSCN1819.JPG
posted by とんちゃん at 10:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

コロナウイルス感染第2波を防ぐために

DSCN1502.JPG

DSCN1503.JPG
コロナ感染対策で、陽性反応がでた場合、濃厚接触者に、スマホで情報が届く機能を販売促するというテレビのニュースを見て、私は釈然としない。
自分が濃厚接触者の一人だという情報を受けた時、不安が増幅する。
「新機能」の販売ではなく、
国がやるべきことは、いつでも、どこでも、お金の心配なく、病院にかかることができるようにすること。
憲法25条の「すべて国民は健康で文化的な最低限後の生活を営む権利を有する」
このことが問われていると思う。
地域の公衆衛生を守るための保健所を減らし、公立病院の統廃合などもってのほか。

命を守るための 社会資源を充実させるべき。
モデルチエンジをして、車や、家電製品の買い替えをあおり、修繕したいと思っても
「その部品はもう扱っていません」と言われると、自分の人間性も否定されたようないやな気分になる。

埼玉県議会
明日は、守屋ひろ子県議(川越選出)が、15時から一般質問行います。質問項目は
● PCR検査体制の抜本的な強化、検査対象の大幅な拡大を
● 新型コロナウイルス流行第2波に備え、医療整備体制を急げ。
● 第2波を前に保健所体制の強化を
● 埼玉県内の中小企業・個人事業主を守るためにさらなる支援を
● 学校休校により損失を受けた学校給食食材納入業者や、県の指定管理事業者への保障を
● 学校再開にあたって、ゆとりある教育へ
● 危機に瀕する文化・芸術活動への支援について
● 県立川越特別支援学校の教室不足解消のために


請願が2つ出されています。
○ 台風・集中豪雨シーズンを前に除去土壌の安全管理を徹底することを求める請願 (29日 環境農林委員会で審議)
○ さいたま市立病院旧病棟を新型コロナウイルス感染対応の施設として活用することを求める請願(29日 福祉・医療委員会)

県議会は 3日が最終日です。
我が家の黒ニンニク完成 免疫つけて 頑張ります。
DSCN1509.JPG
posted by とんちゃん at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする