2019年03月22日

消費税増税ストップ!高すぎる国保税引きさげる

増税はきまったことではありません。安部自民・公明政権い選挙で厳しい審判を下せば、増税はストップできます。増税ストップの願いを日本共産党へ!
悪い政治はいや!〜赤ちゃんも自民党政治嫌がってます!宣伝から帰ってきた時に出会った素敵な瞳。この子達の未来のために 負けられない選挙です!
P1060809.JPG

日本共産党は、消費税に頼らない「別の道」を提案しています。
安倍のミクスで大もうけした大企業や富裕層に応分の負担を求めれば、社会保障の財源は作れます。

消費税増税ストップ! 他かすぐる国民健康保険税引き下げへ力を合わせましょう!
P1060807.JPG

演説してたら、小学生が寄ってきた。
「100円のものかうときに110円とられるんだよね?。ヤダなあ」

税金の使い方集め方変えましょう。

宣伝中に、庭木の剪定している職人さんに挨拶。つぼみがたくさんついているので、ジーと見ていたら「もってっていいよ」といわれていただいてきた。玄関に飾りました。
P1060789.JPG
posted by とんちゃん at 22:24| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

駅ホームドア設置など要望

3月19日(火)昨日の東武鉄道本社への要請行動に引き続いて駆けつけてくれた、梅村さえ子比例候補と、東武東上線沿線の議員とともに、県に、駅ホームドア設置、県道に接続する踏切の整備、鉄道の連続立体交差化計画など、県が鉄道事業者と協力し推進するよう要望書を提出。
視覚障碍者の転落事故を未然に防ぐためにホームドアの設置は急務です。今年度予算で、朝霞駅、志木駅にホームドア設置の予算画組まれました。
上福岡駅、ふじみ野駅は2021年度以降整備計画があるとの回答でした。

県道に接続する踏切の整備(歩道と車道の分離)について、「県土整備が担当だから」と交通政策課長は応じましたが、梅村さえ子比例候補が、「県土整備課も県です。県土整備の担当だからと縦割りで切り捨てないで、県がもっと積極的に関われば、事業が進む。今日の内容を必ず鉄道事業者にも伝えて、連携して一日も早く改善してほしい」と、要望しました。
20190319ホームドアのレクチャー1.JPG
posted by とんちゃん at 22:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

柳下礼子団長 女性県議として初めての表彰

柳下礼子県議が 在職議員24年の表彰を受けました。
議場での挨拶が感動的でしたので、ご紹介します。

議場に響く拍手の中で登壇した柳下団長!かっこよかったです。

日本共産党の柳下礼子でございます。
埼玉県議会の議決を持って、在職議24年として表彰受けたこと、女性県議としては初めての表彰となること、この議決をしていただいた同僚議員の皆様方に心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。

今回の表彰は、24年間、地方自治体としての本来の仕事である福祉の増進のための活動を支え、日本共産党のかけがえのない議席を守るために、ご支援、ご協力をいただいた皆様への栄誉であると思います。

私は、この間、県民の声を第1に、職員の皆様方とも協力し、地方自治を守り、発展させるために日本共産党の議員として活動してまいりました。
ご案内のように、日本共産党は、戦前の暗黒の時代にも、どんな迫害にも屈することなく国民主権と、反戦平和の旗を高く掲げ、続けてまいりました。そのために逮捕され、投獄され、命を落とした先輩達も少なくありません。
そして、この時期の日本共産党のたたかいは「政府の行為」によって戦争を引き起こしたことへの反省とともに、国民主権・基本的人権・戦争放棄の原則などが明記された日本国憲法に実を結びました。

今日、日本国憲法は、現在と未来の針路を照らす羅針盤として、今を生きる私たちの活動のよりどころであり、国民にとって、かけがいのない財産となっております。

日本共産党は、党が創立されてから96年になりますが、これからも初心を忘れることなく、県民の皆様の幸せと、埼玉の更なる発展のため、全力を尽くしてまいります。
ありがとうございました。

控室で、団長囲んで女子会写真を撮りました。(*^^)v
P1060684.JPG

4年前に県議会へ送りだしていただき、日本共産党の議席は、住民の切実な願いを実現させる議席だという事を実感しました。
昨年、旧岩槻特別支援学校の跡地を視察し、「不足している特別支援学校の増設を」と議会で秋山県議が質問。児童相談所を視察し、「越谷児童相談所草加支所の本所への格上げを」と金子県議が質問。充分な調査と、県民要求に根差した質問を、議席が増えたことで、くりかえし取り上げることにより、新年度予算に、特別支援学校建設整備予算が盛り込まれました。草加支所が「本所」になりました。2議席から、5議席になって県民の声を取り上げる力が大きくなったたのです。これを8議席以上に。さらに前へと進みたい。そのためにも頑張ります。

posted by とんちゃん at 00:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

県議会 2月20日開会 15日が閉会日です。

県議会 開会したと思ったら、あと残すところ4日となりました。
今日は予算特別委員会の総括質疑
3.11東日本大震災から8年。開会前に黙祷しました。
自民党は質疑時間120分
日本共産党は20分 改革は10分 その他の会派は30分
日本共産党は村岡県議が、第2・第3荒川調節池の問題。私は消費税について。
増税は、いまだに故郷に戻れない被災者の生活に苦労の追い打ちをかけるものです。昨年12月議会で、日本共産党は知事に対して「消費税」の認識を問いました。再度の質問。

余談ではありますが、8年前の14時46分の地震の時、隣の席の岩崎市議が、質問をしているときでした。
市内の被災状況を把握するため、また、支援体制を強化するため、後日、議会は予定を繰り上げて閉会となりました。
私は、最後の一般質問をすることなく、引退となりました。
最後の議会の日 長女が孫を連れてやってきました。その思いやりに浸る心の余裕もなく、伊藤初美さんの選挙と、自身の病気との闘いに、気持ちの余裕がなかったことを思いだしました。

8年という歳月の中で、自分が再び議場にいることに、ここまで支えてくれたすべての皆さんに感謝の思いを持ちながら、総括質疑を行いました。

まだ議会は終わっていませんが、総括質疑を終えて、ちょっと一息。
これまでのことをメモに残します。
写真は、予算特別委員会の初日の写真です。
IMG_0026.JPG

3月1日 環境農林委員会「高レベル放射性廃棄物の処分場を受け入れないことを求める請願」日本共産党の村岡県議が賛成討論。自民・公明党によって否決に。議会最終日(3月15日)本会議場で採決がされます。委員長報告は「不採択」なので、日本共産党は、「報告」に反対なので、起立しません。その光景は、あたかも共産党が請願に反対しているように、傍聴者には見えます。県議会のわかりづらさ、形式主義はこんなところにも表れています。

同じく3月1日に行われた文教常任委員会 自民党によって継続審議とされていた2019年度から23年度までの教育振興基本計画。自民党が突如、修正案を出してきました。「教職員の不祥事を0件とする」など、もっともらしい「目標値」を設定しています。
しかし、先生を増やし、35人以下学級の実施で、先生のブラック化した働き方を変えることこそが先決です。私は、「教職員への更なる管理統制、不祥事の隠ぺいにつながる」と修正案に反対。県の計画に対しても「新たな県立統廃合につながる計画になっている」と指摘し、反対しました。

写真は 3月9日に行われたふじみ野高校第6回卒業式。
P1060631.JPG

3月4日(月)は危機管理・大規模災害対策特別委員会。災害時の支援体制(6月議会)や、地域連携対策(12月議会)の報告がこれまでおこなわれており、2月定例会の特別委員会では、高速道路の耐震工事や、堤防のかさ上げ、護岸対策等の事業内容が報告されました。私は、「国の政策は、個人の家屋・財産への支援が遅れている。生活再建の為の支援策を県としても持ち、国にも働きかけよ」と要望しました。

予算特別委員会が5日から開会。前回もお知らせしましたが、日本共産党の発言時間は9分です。自民党は、79分。公明他の3会派は、14分。改革は5分。
5日 総務部局予算で私は、税の徴収について納税猶予制度の徹底を質問。差し押さえ件数や、収納率で職員や自治体を競わせるのでなく、滞納者の自立を促す取り組みをしている徴税マイスターの増員を求めました。県は増員の計画はないが、徴税マイスターを中心に、研修を行い職員の資質を高めると答弁。

6日午前の福祉部予算では、医療的ケア児支援体制整備促進モデル事業について質問。県は、新年度予算で医療的ケア児のための放課後デイサービスなどの受け入れを拡大します。対象となる医療的ケア児は300人。今回は50人の予算が組まれました。私は、「まず第1歩」と評価。災害による長時間停電は、医療的ケア児の生命にかかわるため、個人や、施設での自家発電機購入(一機約10万円)の補助制度新設を言及。県は「県としては各自治体に情報を提供する」と答弁。まったくやる気がありません。ここにも、上田県政の開発優先、福祉切り捨ての姿勢が表れています。

6日の午後@では、産業労働部予算で企業立地促進の補助制度について村岡県議が質問。新規雇用者がたった5人の大企業にも、不動産取得税分として県が1億円もの補助を行っている事、しかも220社以上が移転しているなど、問題点が明らかになりました。傍聴に来た、新座の工藤薫県議候補は、「共産党の議席を増やさなければ!と改めて決意した!」と語っています。

6日の午後Aの教育局の予算特別員会では、私が、「会計年度任用職員制度の整備」に関連して質問。埼玉が行っている「3月30日に契約打ち切り、空白の1日を作り、雇用年数を退職金に反映せず、社会保険にも入れない不安定な雇用形態で20年以上も働いている『臨児的任用教員』の改善」を迫りました。県は、交渉の席では、改善を言明しませんでしたが、予算特別委員会では『平成32年度から空白の1日をなくす』と答弁。

7日(木)午前の県土整備部局では、私は、三芳スマートインターチエンジを取り上げました。安全対策等調整会議でのフル化延期の理由「主要アクセス道路の安全対策の検討に時間を要したため」と答弁を引き出し、大型車通行撤回の立場に県がしっかり立つことを指摘しました。

午後に行われた危機管理の予特を傍聴した、4名の方は、「自民党は、自分たちの議員が質問しているときでも私語が絶えない。人の話を聞いていない。あまりにも品性がない。「東海第2原発の広域避難計画」のずさんさを取り上げ、「原発再稼働しないことが、県民の安全につながる」と指摘した日本共産党の村岡県議の発言はすっきり!した」と感想を寄せています。
P1060538.JPG

P1060612.JPG
posted by とんちゃん at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする