2019年09月29日

大野もとひろ新知事スタートから1ケ月

なんという目まぐるしい1カ月。
9月議会の議会運営委員会が13日に開かれ、20日開会。新知事の所信表明が行われた。
27日から一般質問が始まった。
    
第1日目 自民党議員が、知事の政治姿勢及び選挙公約についてを質問

質問 知事選挙の結果について、マスコミは「野党共闘の勝利」と報道したが、(ここで「そのとおり!」と日本共産党の柳下団長が「合い      の手」を入れて議場は爆笑。
   続いて、自民県議が「知事は、野党共闘とはどう考えているのか」と質問。すかさず団長が「自分で考えろ!」。  
     気持ちがいいくらいに、質問の本質をついた「合いの手」が飛びます。    

 自民党の質問の中で次のような言い回しがありました。
  「公約は実現しないと失望になる」といって、例として、「普天間基地への移転もとん挫している」と発言。
 
 これって、「県民の意思」の反映と運動によって、「普天間基地の移転」は断念させています。県民にとっては「失望」ではありません。自 民党にとっては「失望」なのでしょう。

 久々の 自民党が行った知事への質問は、図らずも、大野知事のこれまでの国際的視野と、政治家の理念を示すものになったと思います。

 大野知事は、県民の利益が最大限優先   「どこでも知事室」で県民に寄り添う
       上田知事の継承は       選択と集中の下、新たな視点で魅力を生かす政策の展開
       県民の声にこたえる。知事と県議会の関係 大きな車輪  生活実感を一番感じているのが議員いろいろ教えていただきたい。
                  
       県庁建て替えについては、限られた財源。より県民ニーズの高いことに使う。この間短い機関ではあるが、県庁職員と接する中       で、職員は意欲を持っている。きちんとしたメンテナンスがなされている。県民参加で県民のニーズに合う方向で議論したい。
                                      と、答弁しました。
30日(月)15時から、日本共産党の秋山文和県議が登壇します。ぜひ 傍聴にお出かけください。
P1090893.JPG
今日は、私は 第42回入間東部剣道大会からスタート。開会式で来賓あいさつさせていただきました。
「伝統的スポーツの多面的発展と、相手を尊重し、伝統様式を大切にルールを守り、資質向上に励むことができるための環境整備を県政で支援したい」「平和であればこそできるスポーツ。今日まで選手を支えてくれたご家族を始め関係するみなさんの協力に感謝と敬意を表します。けがや事故のないように日頃の練習の成果を発揮できるように頑張ってください」と話したような気がしますが、緊張感みなぎるみなさんの前でお話させていただきありがとうございました。
P1090895.JPG
私は思います。
自分が大好きなことに出会う子どもの時間を大切にしてほしい。
「好きこそものの上手なれ」といいます。
厳しい練習に絶えながら、夢中になれるものに出会うこと。
それは憲法13条につながります。
試合に負けたからと、個人の尊厳を傷つけるような「激励」はいりません。  

P1090892.JPGP1090773.JPG

我が家の孫は色水遊びに夢中です。
絵具をとく器は、いらなくなった茶碗と、息子たちが小さいときに使っていたお皿
絵具は、つい最近までは、子どもたちが小学校の時に使っていた絵具の残り。
友人に「物持ちがいいねえ」とあきれられました。
posted by とんちゃん at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする