2019年12月31日

2020年 民主主義の花開く年に! 

P1110068.JPG
お掃除が終わりません
カーテンは洗濯できましたが・・・

でも お花は飾ることができました。
来年も よろしくお願いします。

P1110066.JPG

posted by とんちゃん at 21:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

今年も あと一日 「宝石よりも明るい笑顔」(^^♪

P1110064.JPG
昨日(29日)
グループホームにいる母にようやく会いに行けた。
母「えらく久しぶりだねえ〜」←これはなかなか普通だと思います(#^.^#) 以前は
「あんた生きてたの?」といわれたことがあったので、今日の母の言葉への返事は
私「死んだと思った?」と答えたら
母「あんたは、ちっとやそっとでは死なないよ」ときた。(@_@)元気で何より。
P1110031.JPG
前日に 特養にいる父のところに行ったときは、食事中で
父「新聞持っててくれ」と、相変わらず一言。私は廃品回収のおばさん。
玄関に門松が飾ってあって、そういえば、今年はクリスマスツリーが飾られている間に父のところへ来れなかったーと、溜まった新聞紙を抱えた。
「1月2日に新年会やるからね。迎えに来るからね」と、言うと嬉しそう。

今日は、午前中は、地域の挨拶回り。午後は美容院へ。30年以上のお付き合いの美容院。
一昨年は夫さんがなくなり、今年はお母さんがなくなったkさん。大変な苦労の中、いつも笑顔で迎えてくれる。今日は他にお客さんもいなかったので、おしゃべりが弾む。
たかはしベンさんの紹介記事が載っている女性週刊誌があった。
「持ち帰ってもいい」というので、読んでいないkさんに、「それでは、音読します!」と、髪を切ってもらう間、その記事を読みあげた。「息子に」の歌♬
「学べ学べ この世の中の 
お金で買えない美しいもの
君に残してあげたいものは、
生きるための知恵と勇気」
「宝石よりも明るい笑顔
僕が君に送りたいもの」――この歌詞に
「これ私同感。宝石は持ってないし全然興味ない。私にあるのは明るい笑顔」とkさん。
「朗読してもらってよかったあ!宣伝カーの声もいいけど、生の声もいいですねえ」とも言い、またまた話が盛り上がっている処に、「白い頭が見えたから、お母さんだと思って」と、娘が現れた。「まあ〜さとこちゃん!」と、30代後半の娘に、「ちゃん」と呼びかけるkさん。学童保育の行事や、子どもの頃お店に連れてきていたからか。うれしくなる。
そして、ドアの前の娘の姿を見て、「あっ、私これくらいの年齢の時にk美容室に出会ったんだ」と、まるで映画の回顧シーンをみた思い。
秋田に息子さんがいるkさんは、「ご家族が近くにいるのはいいですよねえ」「ご両親が元気なのはいいですよねえ」「前原さん幸せ者ですよ」と何度も言う。
私は、親の姿を見たと、娘が気軽に入ってくるkさんのお店が地域にあってよかったと思う。 

12月29日 赤旗日刊紙に紹介された記事
P1110065.JPG
posted by とんちゃん at 23:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

12月県議会を振り返って

19年12月議会.JPG
2019年12月20日
日本共産党埼玉県議会議員団 団長 柳下礼子


12月定例会を振り返って

一、埼玉県議会12月定例会は、台風19号被害の災害復旧や被災事業者などへの支援を含む「令和元年度埼玉県一般会計補正予算」や災害救助法に基づく被災者の住宅応急修理費用などを含む「令和元年度埼玉県災害救助事業特別会計補正予算」など、31件の知事提出議案と、意見書案など6件の議員提出議案を採択し、20日閉会した。党県議団は5件の知事提出議案と1件の意見書案に反対した。
一、第121号議案は首都高速道路の料金改定について議会の同意を求めるものであるが、オリンピック・パラリンピック期間中に行うロードプライシング(昼間の時間に料金を上乗せし渋滞緩和を図る)において、現金支払いをする障害者の車両も対象としていることから認められないとした。
第123号議案は知事など特別職の期末手当を引き上げるものである。これにより、知事の12月の期末手当は理論上10万円引き上げとなる。また県議の期末手当も連動して6万7千円引き上げとなる。実質賃金の連続引き下げで県民世論調査でも「生活が苦しい」という県民が増加していることに加え、消費税の増税、災害と続く中で、この引き上げは県民の理解を得られない。
第125号議案は準夜帯及び早朝の勤務に支払われていた730円の手当を廃止するものである。変則勤務による職員の心身の負担は大きく手当の廃止は認められない。むしろ祝日や年末年始に勤務した場合も手当の支給対象とすべきである。
一、議員提出の「小規模事業者等へのキャッシュレス化対応への支援を求める意見書」は、消費税増税後、小規模事業者の負担が増大したことから、キャッシュレス決算導入の補助制度の創設や継続を4点にわたって求めている。小規模事業者のキャッシュレス化に対する不安の声は、党県議団としても増税以前に繰り返し警告していた問題である。しかし、小規模事業者の不満の中心は10%への増税である。12月13日に発表された日銀短観によれば、小売り業の売り上げが2014年12月以来のマイナスに転じた。そもそも8%への大増税の結果、日本は深刻な消費不況に陥った。10%への増税は失政に失政を重ねる暴挙である。党県議団は小規模事業者への支援というのであれば、まずは消費税10%を5%に引き下げるべきであると主張した。
一、前原かづえ県議は、9日に一般質問を行った。質問の大半を台風19号被害復旧、被災者の支援にあてた。住宅損壊について支払われる住宅応急修理費用や被災した小規模事業者への設備復旧助成について、すでに修理が終わっている場合への遡及や対象の拡大などを求めた。特に、小規模事業者の助成は発災時に遡るなど、柔軟な答弁があった。また被災農業者や障害者施設などへの施設や設備の復旧のための助成について、限りなく本人や法人負担を軽減するよう求めた。農林部長は農業機械などの修繕について、国、県、市町村の助成によって、農業者負担を1割とする方向との答弁もあった。
また、厚労省が一方的に再編統合の対象として県内7医療機関を指名したことについて、地方自治無視であり、撤回を要求すべきだと知事に迫った。知事は「地域医療体制の整備に責任をもつ都道府県にも事前に十分な説明すらなく、唐突に病院名を公表したことで地方の不安をあおることになっている」「地域の実情を踏まえることなく、一方的に国が公表したことは丁寧さを欠くものと言わざるを得ない」など答弁した。
一、予算特別委員会が行われ正副委員長の互選が行われた。委員長の指名で民主フォーラムの浅野目義英委員が副委員長となった。これまで委員長と2人の副委員長ポストを自民党・公明党が独占してきた。5月臨時会で議会運営副委員長に公明党ではなく、県民会議の井上航委員が就任したが、それに続く動きであり、歓迎する。
予算特別委員会の運営について、党県議団は@知事出席の総括質疑は、2015年2月の予算特別委員会の審議時間数に戻し、総時間数660分とすること。A少数会派の発言を保障するために、総括でも部局別でも、会派に対して最低15分の質疑時間を保障すること。B三重県に学び全ての議員の予算審議への参加を保障するため、予算審議のあり方を検討する場を創設する。などの申し入れを議運委員長に行い、秋山文和委員が議運の場で意見表明した。
一、県民より提出された「ゆきとどいた教育をすすめるための請願」(請願者数50453人)「福島第1原発に溜まり続ける汚染水を海洋放出せず陸上長期保管案の検討を継続することを求める請願」「私たちの働きを認めて!女性の果たしている役割を適切に評価するよう求める請願」(請願者数4952人)「教育負担の公私間格差をなくし、子どもたちにゆきとどいた教育をもとめる私学助成についての請願」(請願者43540人)について党県議団は紹介議員となったが、不採択とされた。党県議団は、本会議での討論を求めたが、議運で認められなかった。請願の軽視は県民の声への軽視である。

19年12月9日.jpg
posted by とんちゃん at 00:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あと3日 

なんと早い1年だったことか!
今年の漢字は「令」−という記事を新聞で見かけた時、ほんと「見かけた」という表現になってしまうほど、時の過ぎるのが早い。
え!?もうそんな時期?!と思っていたら、あれよあれよという間に 今年もあと3日となりました。
P1110041.JPG
今年も大掃除もせずに 新年を迎えそう。
とりあえず、冷蔵庫の中の在庫一掃をしょうと
本日の夕食はこれ!(^^)!
ミートソースのパックを温め、スパゲテイの代わりにつかった具材が 中々美味でした。
なんだと思いますか? のどに詰まらないように気を付けて食べなければならない年齢になりました。(笑)
父の入所施設の書類を見ていたら、消費税のことで、怒りが湧いてきた。

P1110036.JPG

P1110037.JPG

やっぱりダメ! 消費税10% 
5%へ引き下げよ!

1988年(31年前)
 12月24日 消費税導入を決める 迷惑なクリスマスプレゼント!
1989年 4月1日から 消費税3%導入
1997年 4月1日から 5%へ
2014年 4月1日から 8%へ(国民の反対運動で2度引き上げ延期)
2019年10月1日から 10%に お酒、外食のぞく飲料水8% 
国のいい分「国民の負担増感を和らげて景気が失速しないように」
 良く言うよ!今まで国民が収めた消費税の使い道を きちんと説明せよ!


父が入所している特別養護老人ホームから通知が来た。増税に伴う料金改定のお知らせ。
8%になるときも、「同意」を求められた。嫌だと言っても 施設においてくれるのか?!

社会保障のために導入 と いって31年。少しも社会保障がよくなったといえない。
施設からの請求書と、領収書を見ると、人が生きるために、ランクがつけられ、比べられ、なんともやりきれなくなる。

「消費税率変更について 及び 算定加算追加についての内訳説明書」なるものが来て、「10月1日より、介護職員等特定処遇改善加算(T)を算定させていただきます」の文章の下の「上記内容について確認しました」で、同意のサインをする。

同意しなければ 行くところがない!

消費税に変わる財源は、税制を見直すことで確保できます。消費税増税の一方で減税されてきた法人税や高所得者を優遇してきた税制の欠陥をただせば、約38兆円の財源が生まれる。
大企業や富裕層に能力に応じた税負担を求めることで、公平・公正な税制度を確立することができます。

12月24日 私たちは、ふじみ野駅西口で 署名を訴えた。
毎年 取り組んでいる。年々クリスマスの華やかさは消えていくなあ〜と思う。不景気だ!
「1日2食で我慢してるよ」「病院に行くのにお財布と相談」「さくらを見る会に私たちの税金使うな!税金どろぼ~」マイクを向けるとみなさん怒りの声。
P1110008.JPG
posted by とんちゃん at 00:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする