2020年05月29日

もうすぐ6月(@_@)

DSCN1337.JPG

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「自粛」で、「あたらしい生活様式をかんがえる」「不要不急」の外出を控える。全国一律休校要請で、卒業式も、入学式も体験できない事態が起きた。
小学1年になった孫は、『ボク、小学生だよね』と、学校へ行けない不思議さを、母親に聞いたという。

公園で遊ぶことも禁止され、遊んでいると通報される。
国民が、国民を監視する息苦しさ。
戦時中ってこういう感じだったのではないか と、ぞっとした。

緊急事態宣言が解除される「まえ」と「あと」の駅の様子などを テレビで報道するが、「自粛と補償は一体に!」と声をあげる人達の報道はあまりない。

様々な変化の中で、自分が遭遇しないと、認識できないないものがある事を、あらためて思う。
解除された後の こぼれ話(笑)
インターホンに写る私の顔は、マスクと帽子でわかりにくい。「誰か来てるよ」「ヤクルトのおばさん?」
インターホンを新しくつけたご家庭は、使い方をマスターしていないらしく、家の中の会話が、インターホンを通じて外に流れてくる。(笑)

郵便局での用事を済ませるために、「15時までに!」と、この「自粛」の最中に、何度も、閉店時間に滑り込んだ。
先日、朝一番に郵便局へーと9時に行ったら、なんと、この自粛期間中 10時〜15時だった。
何度も、きているのに・・・。その掲示に気が付かない。
「マスクと帽子をかぶっている人には入店をお断りすることがあります」という、ポスターを見て、「今の時季、誰も郵便局に入れないなあ」と笑ってみていたが、その隣に、「10時〜」と書いてある。気が付かなかった。
5月28日、9時に来て、初めて「開始が9時ではない」ということに気が付いた。
そして出直し。
で、29日から、閉まる時間が伸びるようです。(一枚目の写真)

10万円の給付申請で、保険証のコピーとか、通帳のコピーが必要。コピー機を使えない高齢者が大変。
高齢者だけでない、普段の生活にコピーの経験必要ない人がいる。使い方の説明を求められるからか、コンビニの、コピー機に、手書きで「コピーの仕方」が張り付けてある。『何々の手順」なんて、印刷されていても、目に入ってこないのかも。

新型コロナは私たちの生活を大きく変えた
というけれど、
時代の流れの中で、生活は大きく変えられてきている。
遊びもその一つ。
以前は、凧揚げできた空、
今では、凧揚げできません。

変えてはならない憲法
一人一人の人権を大切にすることの中で、社会は発展していくということを改めて思います。
DSCN1345.JPG
posted by とんちゃん at 17:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

化学物質過敏症

DSCN1346.JPG
化学物質過敏症の広報広聴について、県の消費生活課に聞きました。20年5月26日
県がポスター制作の予算をとったのは、かなり前。で、1回きり。
昨年までは、県のホームページからダウンロードして各自治体の取り組み任せ。
昨年12月議会の一般質問で、広聴広報について県の取り組みをただした結果、
啓発ポスターの予算が組まれ、新しいポスターができました。
その時に、枚数は不十分ながらも、「公共施設」に貼りだす箇所に、学校が加わったという説明に「え?今まで貼ってなかったの」とびっくり。多くの人が関心を持つようになるために、学習の機会や、情報の発信は欠かせません。そのためにも、財政の裏付けがなくてはなりません。広報広聴の取り組みについて、担当課も頑張っているようですが、このコロナ禍の中で、化学物質過敏症の方たちがさらに苦しみ、また、新たな発症の危機も生んでいます。
「化学物質過敏症をご存知ですか」や、「住宅地などでの農薬使用に注意を」と、市報に掲載している例(新座市)を示して、こういう取り組みを全県に広げるよう県に要請。
県は、
@  ホームページにデーターが載っているので、それを各自治体が活用してほしい。情報提供はするが、指導は難しい
A 各自治体に対して、住民への広報広聴を促すが、市報掲載については、文字数や、他の記事との関係で、市町村の判断。
B 各自治体での、ホームページ作成を呼びかけている。現在は、さいたま市、越谷市、川口市が開設している。
C 県の中の広報紙には、「化学物質過敏症」についての掲載してゆく。今までも、ラジオ番組(ナック5)モーニングフエスタでも放送された。ラジオでの啓発も取り組みたい。
D 新規採用職員に対して「香り」についての研修会を計画しているが、コロナ感染拡大防止のために、研修会が行われていない。
E 消費者啓発の資料を、春と、秋に配布予定。  (以上、レクのメモより)

質問で取り上げたことにより、たくさんの方からご意見寄せられました。
東京では「化学物質の子どもガイドライン」があります。
以下は、東京都福祉保健局の資料より抜粋
私たちの実の周りには、5万種を超える化学物質が、製品や食品に含まれて流通しているといわれています。これらの科が宇物質は、私たちに豊かで快適な生活の恩恵を与えていますが、環境汚染や健康への影響などの原因になることがあります。(中略)
一般的に化学物質が人に与える影響は、成長期の子供のほうが、大人よりも大きいと考えられています(中略)わが国では、子どもヲ対象とした健康影響調査や、子どもが利用する施設の低減化対策等はほとんど実施されていないのが現状です。そこで東京都は、化学物質に夜子どもへの影響を防ぐための独自のガイドラインを策定し、子ども達が安心して生活できる社会の実現を目指していくことにしました。 −埼玉でもぜひ!
posted by とんちゃん at 15:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする