2020年08月26日

安心・安全な街づくり 

毎年、ふじみ野市議団と一緒に 川越県土整備事務所に、県道整備など、来年度の予算要望を提出している。今年は、8月4日に行いました。
亀久保交差点の改良は、永い間の懸案事項でした。交差点に続く、歩道の整備や、路面標示の変更、車の流れの変化など、変化する中で、必要な安全対策も出てきます。今年の交渉の際に、ポールの設置についても要望しました。
今日は、午前は、平和委員会の方たちの県への要請行動に参加し、午後は、地域で自転車を回り、亀久保交差点のポールが新しく設置されているのを発見。よかった!よかった!
と、思うと同時に、こういう「ポール」で注意喚起できるなら、予算をたくさんつけて、命を守る道路環境にすべき。
DSCN2761.JPG
DSCN2760.JPG
DSCN2759.JPG

県医師会の会長や、関係者のみなさんに、コロナ対策の現状、医療現場の要望を聞くために 県議団控室に 伊藤岳参議院議員が現れた。
団長と打ち合わせしている構図は絵になります。カメラ構えたら、「前原さんも一緒に」と誘ってくれたので ちゃっかり収まった!(^^)!
うれしい写真です。
DSCN2757.JPG

平和委員会の県交渉は、@米軍機などの飛行について、住民からの目撃情報や、苦情について県はどのように対応しているのか。A米軍所沢基地への土砂搬入について、B自衛官募集業務についてなど、埼玉の空を、飛行訓練の場にしている恐ろしさが伝わってくるものでした。

最後に、二橋会長が、「全世界で200機のオスプレイがあり、そのうち53機が、日本に配備される計画がある。夜11時過ぎまでの飛行回数が増えている。パラシュート落下訓練は、沖縄の嘉手納基地だけしかやってはいけないものが、東京の横田基地で パラシュート落下事故があった。空に境界線ない。埼玉の空を飛ぶ。安全確保に敏感になってほしい」と語りました。
柳下団長は「コロナで大変。暑さで大変。それに加えて、空の安全が脅かされている。住民の命と、安全、暮らしを守るのは地方自治体の役割。住民と力を合わせて、双方向で、問題解決していきたい。大野知事も、自治体の役割について そのように言っている。埼玉県基地対策協
議会の要として県は頑張りどころ。私たちも、県民の声を届けるので、ともに頑張りましょう』と締めくくりました。
DSCN2753.JPG
posted by とんちゃん at 23:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする