2020年09月30日

明日から10月 今日から一般質問

DSCN3319.JPG
冷蔵庫の中のもので チャンチャン焼きもどきを作り、ちょっとしゃれた器に入れたけど、写真の角度が悪いのか、なんだか料理に見えず!(^^)!

9月議会の開会日(24日)に、自民党の杉島議員(入間市)が辞職。6月議会開始直前に、民主フオーラムの井上将勝県議が辞職し、現在の県議会は欠員2名(定数93名)です。会派は、日本共産党、自民党、県民会議、民主フオーラム、公明党、改革、無所属。前議会までは無所属だった人が、9月議会始まる前に自民党へ行ったりして、自民党は今県議会では50議席。
だいたい、選挙の時に「無党派」だった人が、自民党に変わるのはどうなのかしらん。

今日、9月30日から 一般質問が始まりました。
県民会議の金野桃子県議が、手話の普及・啓発について、手話で質問した。

@ 埼玉県手話言語条例の更なる推進を
A 聴覚障がい者の情報保護の拡充を
B 手話通訳者の育成・処遇改善を
C 『障害』の「害」の表記の協議を

実にきれいな、切れのある手話で思わず見いってしまった。
さらに、金野県議が質問に取り上げたのが、「子育て政策の充実について」。
@ 産前産後ケアや産後検診の見直し・拡充
A 県立小児医療センターにおける対応の拡充を
B こども乗せ自転車の年齢制限の緩和を

金野県議自身、昨年11月に出産し、1児の母。この質問の冒頭で、「働きながらの子育てに賛否両論ありますが、周りの方の支えがあって今日を迎えています。ありがとうございます。」と頭を下げた。
「妊婦の死亡が平成25年・26年の統計で357件。そのうち15人が自殺(産後うつ)」という言葉にはビックリ。最近、女優竹内結子さんが出産間もない子を残して自殺したというニュースが流れている時期であり、私には、今年に入って、ひ孫、孫が生まれている。コロナ禍の中での子育て政策の充実は他人事でない。

ましてや、自分が子育てしながら働いてきた。すこしでも、男女平等の社会になり、賃金に男女の格差がなくなるように、子育てに男性もかかわり、命をはぐくむ大切な、愛おしい時間を夫婦で過ごすことができるように・・・そういう風に社会が変わるようにと活動してきたつもりが、いまだならずでやきもきしている私。国会では杉田発言ヽ(`Д´)ノプンプン

話がそれました。金野県議の質問は、彼女と同年齢の世代の人達の思いや願いを代弁しているのだと思う。これからも、頑張ってほしいと思う。県議会、女性議員は10名。そのうち4名は日本共産党。民主フオーラムと並んで第1党。(*^^)v 公明党はいません。

さて、いよいよ 明日は15時から柳下礼子団長が質問します。
posted by とんちゃん at 23:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする