2020年10月10日

料理を楽しむというより、闘うために食べる

DSCN3235.JPG

DSCN3185.JPG

DSCN3235.JPG

DSCN3268.JPG

9月24日開会の県議会。開会日に提案された議案について、日本共産党県議団は議論を重ねてきていました。知事給与の減額についても、議員提案の報酬減額についても、現在のコロナ禍の中で、反対する議案ではありません。議員団の議論の中心は、一般質問で指摘したPCR検査の拡大などに関連して、感染拡大を防ぐための財政支援と、医療機関支援の議論をどう展開していくか(福祉・医療委員会)など、各委員会の議案について集団的に議論していました。
私が所属する総務・県民委員会では、民間団体によるDV被害者支援について質問する予定でした。加えて、男女共同参画に関する意識調査が終わったので、その内容を議事録に残して、男女平等・人権意識の議論をしたいと思って自民党の委員長に事前に「質問します」と「許可」をとっていました。ところが、議事課のほうからは議案が多い(議員提案の議案もある)ことや、担当課からは、意識調査については、9月30日に締め切られたばかりなので、12月議会にしてほしい。といわれ、何度かやり取りし一応質問することはやめました。

ちなみに、この意識調査は埼玉県民人口にたいして、わずか5千人に送付。回収率は44%(前回は38%)回収率が上がったとはいえ半分にも満たない。意識調査として妥当な数字なのか。よっぽど答えたくなるような中身ではないのではないか。そもそも、質問内容が旧態依然の、「男性は仕事、女性は家庭」の意識を刷り込むような内容で、現実にあっていないのではないか。昭和の時代から変わっていない設問では、その時代の意識調査にならない。・・・などなど、12月議会に向けて勉強したいと思っています。

10月8日、委員会当日。知事の給与について自民党が否決。予算修正案を提出。私はとっさに、議長に対して休憩を求め、「突然の議案に対して、団として協議したい」と要求。委員長が、議事課の職員に議事進行のための方策を聞いたのか「採決は今しない。昼休み休憩があるからその時にどうか」というので、「採決はしないのですね」と念を押し委員会が再開されました。
午後からの委員会は、開会したとたんに、自民党の修正案の採決。反対討論は日本共産党だけ。賛成は自民6名 反対は5名で、修正案が成立。
その後、議員提案の議案の時は、県民会議の議員3人が提案説明に来た。当初、自民党が反対ならば反対なりの質問をしていくと思っていた。ところが一切質問なし。説明に来ていた石川議員が「質問してくださいよ」といっても質問なし。
反対討論で、自民党の議員が、知事給与の減額のときと同じ意見を述べた。「知事」のところを「議員」にかえただけの討論だった。反対討論がされたら、賛成討論をしなければ、委員会の意思が「反対」となる。提案した会派の議員が手を挙げないので、私が賛成討論をしました。自民党6名が反対。否決となりました。

第99号議案 自民党提出の修正案に対する反対討論
新型コロナウイルス感染拡大の影響に夜完全失業者は205万人に上り、会社から仕事を休まされた人たちなど、旧業者も216万人といわれています。コロナ対策の最前線にいる看護師ですら、医療機関の減収により、ボーナスも削減されている状況です。政治家がこれらの方たちの状況に我がこととして寄り添うべきです。知事や、副知事級の減額と、その分を一般会計から組み入れるとする行為は当然認めるべきです。これをパフオーマンスだとして否決する理屈は、県民的には理解をまったく得られません。以上の点から反対します。

議23号議案 県議会議員の議員報酬および、期末手当の額の特例に関する条例に対する賛成討論
新型コロナの影響で、雇止めや、派遣切りが大規模に行われ、一方で東京商工リサーチによれば、今年1月から8月に全国で休業や廃業、解散した企業は3満5816件で、前年同期よりも23.9%増か。このペースだと年間5満3000社を超え、過去最多を更新する恐れがあるとしています。このほか、コロナ関連の経営破たんは2月〜の累計で600件。倒産・廃業・リストラ・雇止めが進行するのではないかと危惧しています。非正規雇用は7割が女性です。提案説明のなかで、感染対策の一助となるとあり増した。同感です。また、減額された分は、一般会計からコロナ基金へ組み入れるという行為は当然に認められることです。また、これをパフオーマンスだとして否決する理由は、県民的には全く理解を得られません。以上の点から(この議員提案に)賛成とします。
posted by とんちゃん at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6日に書いて、消えたと思った文章が出てきた。


埼玉県議会 今日で15名の一般質問終わりました。8日に委員会 12日に特別委員会 14日が最終日です。
が、9月定例会の後に決算特別委員会が始まります。日本共産党からは、秋山文和県議が委員です。
常任委員会の準備をしながら、決算についての調査を始めている秋山県議。事務局の安部里美さんと熱心にやっている処をパチリ。二人とも調査に夢中で、気がつきません。(*^^)v

私は総務県民委員会。知事や副知事の給与の減額の議案が出されています。
今日は、県民会議の井上議員から、『県議の議員報酬および期末手当の額の特例に関する条例」(議員の給与減額)が出されました。
委員会では、補正予算や、条例の一部改正、そして、屋内50メートル水泳場及びスポーツ科学拠点施設の検討状況の報告など審議されます。
少しづつ準備はしてきましたが、いよいよなので 頑張りたいと思います。


日曜日の午前中は、孫のお宮参りに行ってきました。朝9時に川越氷川神社につくために 朝から大忙し。
孫が生まれると、「この子が成人するまで生きていたい」と思ったものですが、最近は自分の年齢に20を足すと、かなりの高齢になるので!(^^)!
あまりそれは考えないようにして、しかし❕ ずっと、平和であり続けるために そして、良き人生を送ることができるように、ばあちゃんもうひと踏ん張りしようと思うのです。(*^^)v
posted by とんちゃん at 20:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする