2019年03月16日

柳下礼子団長 女性県議として初めての表彰

柳下礼子県議が 在職議員24年の表彰を受けました。
議場での挨拶が感動的でしたので、ご紹介します。

議場に響く拍手の中で登壇した柳下団長!かっこよかったです。

日本共産党の柳下礼子でございます。
埼玉県議会の議決を持って、在職議24年として表彰受けたこと、女性県議としては初めての表彰となること、この議決をしていただいた同僚議員の皆様方に心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。

今回の表彰は、24年間、地方自治体としての本来の仕事である福祉の増進のための活動を支え、日本共産党のかけがえのない議席を守るために、ご支援、ご協力をいただいた皆様への栄誉であると思います。

私は、この間、県民の声を第1に、職員の皆様方とも協力し、地方自治を守り、発展させるために日本共産党の議員として活動してまいりました。
ご案内のように、日本共産党は、戦前の暗黒の時代にも、どんな迫害にも屈することなく国民主権と、反戦平和の旗を高く掲げ、続けてまいりました。そのために逮捕され、投獄され、命を落とした先輩達も少なくありません。
そして、この時期の日本共産党のたたかいは「政府の行為」によって戦争を引き起こしたことへの反省とともに、国民主権・基本的人権・戦争放棄の原則などが明記された日本国憲法に実を結びました。

今日、日本国憲法は、現在と未来の針路を照らす羅針盤として、今を生きる私たちの活動のよりどころであり、国民にとって、かけがいのない財産となっております。

日本共産党は、党が創立されてから96年になりますが、これからも初心を忘れることなく、県民の皆様の幸せと、埼玉の更なる発展のため、全力を尽くしてまいります。
ありがとうございました。

控室で、団長囲んで女子会写真を撮りました。(*^^)v
P1060684.JPG

4年前に県議会へ送りだしていただき、日本共産党の議席は、住民の切実な願いを実現させる議席だという事を実感しました。
昨年、旧岩槻特別支援学校の跡地を視察し、「不足している特別支援学校の増設を」と議会で秋山県議が質問。児童相談所を視察し、「越谷児童相談所草加支所の本所への格上げを」と金子県議が質問。充分な調査と、県民要求に根差した質問を、議席が増えたことで、くりかえし取り上げることにより、新年度予算に、特別支援学校建設整備予算が盛り込まれました。草加支所が「本所」になりました。2議席から、5議席になって県民の声を取り上げる力が大きくなったたのです。これを8議席以上に。さらに前へと進みたい。そのためにも頑張ります。

posted by とんちゃん at 00:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: