2019年08月03日

歴史に学ぶ 歴史をつくる

P1080736.JPG
7月27日(土)から29日(月)の3日間、浦和駅西口前のデパート・コル祖7階で「2019年平和のための埼玉の戦争展」が行われました。テーマは「耳を傾け話しあうことから始めよう」
8500人が参観。2014年に会期が3日間になって以降、最高を記録。今回の見どころの1つは、「遺品が語る沖縄戦」コーナー。戦後遺骨収容に尽力された国吉勇応援会の協力に寄り約100点に上る沖縄戦の遺品が展示されました。
小6と、5歳の孫を連れて 29日の最終日、午後に間に合いました。
P1080737.JPG
紙芝居「母さんの歌」「かよこ桜」「おこり地蔵」「白旗の少女」保育園で紙芝居を見る経験があるからか、5歳の孫は4つの紙芝居を、見ていました。
小6の孫は途中から抜け出そうとするので、「会場から出ないように」といい含め、自由行動へ。展示を見ているかと思いきや、「はだしのゲン」を、ずーっと読みふけっていました。

梅原司平さんのコンサートを見せたくて連れてきたのに、「あ、この歌聞いたことある」とひと言言って、一瞬席を立ち、また「はだしのゲン」を読みふけっている6年男子。まあいいか!赤ん坊のころに、私が聴いていたCDの歌を覚えていたのだから・・・
P1080745.JPG
5歳の孫は、歌が流れてきたとたん「ベンさん?」といった。
73歳になったという梅原司平さん。
アフロヘア―でなくなった梅原司平さん。なんとなく ベンさんに似ている!(^^)!

私の人生の中で、影響を受けた、ベンさんや、梅原司平さんの歌を、孫たちが聞くことができるのは、このお二人が、現役でずーとうたい続けてきているから。

孫を抱きかかえて 歌を聴く。
孫の鼓動と、ぬくもりを両手に感じて曲を聴く。至福の時です。
梅村さえ子さんと一緒に写真を撮ってもらいました。
愛と、平和と、生きること・・・耳を傾け話しあうことから始めよう・・・
実行委員会の皆さま お疲れさまでした。
P1080744.JPG

P1080739.JPG
posted by とんちゃん at 22:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: