2020年04月14日

徒然思うこと

気温の変化が激しくて 中々、体がついてゆけない。
加えてコロナ感染拡大。自粛・自粛で、心と体が委縮してしまう。
自分がコロナの感染源になってしまってはいけない。
不要不急の外出はさけ、外から帰ったら、手洗い、うがいを忘れずに。

外から帰ってきたら、手洗い・うがいは、病気を経験した時からやってきた。
1日30品目のバランスの取れた食事は、特別な料理はできないけれど、心がけてきた。
健康管理には気を付けてきたが、歳に勝てない・・・が悔しいけれど実感(笑)

不要不急でない外出を、くしくも、非常事態宣言が出る前の日に
妹と二人で、亡くなった父の今後のことを決めるために 急きょ小千谷に帰った。

新幹線は、ガラガラ。
故郷小千谷は、シャッター通りで、「『本町』なんて名ばかりでねえ。闘牛や花火の時は人が来るけど、今年はそれも期待できないねえ」と、駅前通りのお菓子屋やさんの話。

父がなくなってから3週間たった。
様々な手続きやら、手配やら、色々なことが次々とあり、傾向と対策別に考えると(笑)、5つのことが、同時進行中で、まだどれ一つゴールに至っていない。
もめてるわけではない。それなりの手続きが必要なのだ。
こういうのはワンストップでできないものかーと改めて思う。

ふじみ野市役所と小千谷市役所の対応の仕方も違いがあり、色々考えさせられた。
申請書の形式も違っていて、どちらがわかりやすいかというと、小千谷市のほうがわかりやすかった。でも、それは、ふじみ野市で「予習」したからかなと思ったりする。

今更ながらの社会勉強。成年後見人制度の重要性を実感。
毎日、父の写真に「これでいいのかね?」と問うている私。
考えてみたら、なくなってからのほうが、毎日父の顔を見ている。(笑)
特養ホームに入ったばかりのころは、私が寄る時間がいつも食事中で(仕事の関係で、夕方6時過ぎ)「なんで食事中に来るんだ」といわれ、「そんなこと言うのならもう来ない!」なんていったこともある。
ここ1,2年は、7時ころに行くともう寝ていた。寝顔しか見ていないし、たまに起きているときは、好きなテレビを見ていて、「元気でな。新聞持っててくれ」と決め台詞でテレビに夢中。(笑)後姿しか見てない。
桜の時季だからと、ピンクの額に収まった父の写真。まっすぐ前を向いている。
「いい写真ですね」と葬儀やさんが言ったけど、私が撮った写真なんだよね。(苦笑)
https://tampopo2015gogo.up.seesaa.net/image/DSCN0749-thumbnail2.JPG

https://tampopo2015gogo.up.seesaa.net/image/DSCN0752-07627-thumbnail2.JPG

https://tampopo2015gogo.up.seesaa.net/image/DSCN0750-thumbnail2.JPG
posted by とんちゃん at 00:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: