2020年05月29日

もうすぐ6月(@_@)

DSCN1337.JPG

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「自粛」で、「あたらしい生活様式をかんがえる」「不要不急」の外出を控える。全国一律休校要請で、卒業式も、入学式も体験できない事態が起きた。
小学1年になった孫は、『ボク、小学生だよね』と、学校へ行けない不思議さを、母親に聞いたという。

公園で遊ぶことも禁止され、遊んでいると通報される。
国民が、国民を監視する息苦しさ。
戦時中ってこういう感じだったのではないか と、ぞっとした。

緊急事態宣言が解除される「まえ」と「あと」の駅の様子などを テレビで報道するが、「自粛と補償は一体に!」と声をあげる人達の報道はあまりない。

様々な変化の中で、自分が遭遇しないと、認識できないないものがある事を、あらためて思う。
解除された後の こぼれ話(笑)
インターホンに写る私の顔は、マスクと帽子でわかりにくい。「誰か来てるよ」「ヤクルトのおばさん?」
インターホンを新しくつけたご家庭は、使い方をマスターしていないらしく、家の中の会話が、インターホンを通じて外に流れてくる。(笑)

郵便局での用事を済ませるために、「15時までに!」と、この「自粛」の最中に、何度も、閉店時間に滑り込んだ。
先日、朝一番に郵便局へーと9時に行ったら、なんと、この自粛期間中 10時〜15時だった。
何度も、きているのに・・・。その掲示に気が付かない。
「マスクと帽子をかぶっている人には入店をお断りすることがあります」という、ポスターを見て、「今の時季、誰も郵便局に入れないなあ」と笑ってみていたが、その隣に、「10時〜」と書いてある。気が付かなかった。
5月28日、9時に来て、初めて「開始が9時ではない」ということに気が付いた。
そして出直し。
で、29日から、閉まる時間が伸びるようです。(一枚目の写真)

10万円の給付申請で、保険証のコピーとか、通帳のコピーが必要。コピー機を使えない高齢者が大変。
高齢者だけでない、普段の生活にコピーの経験必要ない人がいる。使い方の説明を求められるからか、コンビニの、コピー機に、手書きで「コピーの仕方」が張り付けてある。『何々の手順」なんて、印刷されていても、目に入ってこないのかも。

新型コロナは私たちの生活を大きく変えた
というけれど、
時代の流れの中で、生活は大きく変えられてきている。
遊びもその一つ。
以前は、凧揚げできた空、
今では、凧揚げできません。

変えてはならない憲法
一人一人の人権を大切にすることの中で、社会は発展していくということを改めて思います。
DSCN1345.JPG
posted by とんちゃん at 17:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: