2020年07月30日

漏水工事の進捗状況について


DSCN2097.JPG7月28日(火)富士見市勝瀬地区の県送水管漏水工事の進捗状況について、企業局水道管理課長より説明を受けました。漏水の原因(2019年11月道路に水が染み出た)と、工事内容、安全対策などについて確認しました。大久保浄水場からの送水管(口径1、600mm)から、700mmの枝管に接続するためのサージタンクの継ぎ目からの漏水であり、ここが送水できなくなると、広域にわたって水が止まってしまいます。慎重に工事を進めるためにも、送水管の通っている道路の通行を止め、仮設道路を作り、水道管の漏水部分を修繕するという大掛かりな工事です。送水管の修繕が終わっても、道路が元の線形になるのは、来年の3月という予定です。コロナ禍の中で、「安全対策を万全に」と要請しました。

説明を受けている写真は、なんだか、理解できない生徒に、先生が指導している図!(^^)!
専門的な知識が必要であり、難しかったですよ。でも、難しいことをわかりやすく伝えてくれる担当課。お世話になりました。

原因を調査するにも事故の起きないように、注意を払う。
原因を突き止めて、復旧するための計画を立て、工事を進めるために、近隣の住民に説明をする。
当たり前のことですが、専門知識だけでなく、コミュニケーション能力が必要です。

コロナ禍、異常気象、交通安全対策、などなど、課題がたくさんある中で、無事に工事が終了しますように。
住みよい街づくりのために、ご意見ありましたらお寄せください。
posted by とんちゃん at 21:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: