2021年02月14日

生きることを「コスト」で計算するな!

DSCN5562.JPG
13日(土)大井南地域で 集いを行いました。
ふじみ野市の「公共建築物個別施設計画」策定のためのパブコメが始まっています。3月8日まで。
公民館、図書館、支所に用紙があります。
どんどん意見を上げていきましょう。

しかし、
この策定(案)は、貸し出しは1週間だけ。しかも5冊まで。
市民に広く意見を聞く
あるいは情報を伝えるという姿勢になっていません。

ちなみに、学園分館 一人当たりのコストが、320円。
大井中央公民館は 1351円。
市民の建物(公共施設)に「コスト」という嫌味な数字。

しかも、学校の児童一人当たり7万5503円という数字も出てる。
小学校もコスト意識持たせるのはいかがなものか。

「そうだよ。7万もかけているなら、もっとみんなが頭がいい子になるような授業にしてくれ」と声が上がり大爆笑。

憲法25条に、すべて国民は健康で文化的な生活を営ん権利を有する
と歌っています。
自民党の政治家はこれを少しも守っていない。
「少子高齢化で、将来は5人の高齢者を1人で支えなければならなくなる」などという自己責任論を押し付ける。
憲法の精神でいけば、支えるのは公的責任でしょう!

赤ちゃんからお年寄りまで すべての人が必ず通る道。その年代、その年齢の時に幸せであることが、幸せの積み重ねになります。
「子どもにつけを回さない」と言われた子どもたちは、すでに大人になって「就職氷河期」「コロナで失業」などなど大変なストレスにさらされています。

効率化と経済成長だけを追い続けた新自由主義が、福祉、医療、公衆衛生への公的責任投げ捨て、コロナ感染拡大につながりました。
私たちは、ウイズコロナでなく、アフターコロナ  コロナ後の新しい時代を見据えて、命、暮らし、平和が大事にされる社会を目指そうー
DSCN5564.JPG
会場となった分館に飾られていた「大井町民憲章」が心に響きました。

posted by とんちゃん at 15:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: