2021年02月27日

梅村さえ子元衆院議員 イン みずほ台駅東口 

DSCN5666.JPG
 富士見市議会議員選挙 3月28日投票 みずほ台駅東口 300人
「日本共産党に期待します」と、二人の方が応援の一言。
「ママ友でずーと一緒。子育てのこと、教育のこと、私たちの思いを受け止めてくれる議員」と、ママ友さん。
「桜疑惑追及に代表されるように、日本共産党は、視点が違う。科学的知見に基づいて行動する。市民や、働くもの、弱い立場に立つ人たちの味方。富士見市に住んで34年。ずーと共産党を身近に感じてきた。ぜひ議席を増やし、政治への審判下そう」と、大学教授。

「日本共産党が行ったアンケート、1000通以上回答が寄せられた。生活が苦しいと答えた方が7割に上る。「東上線西側に循環バスを」の署名に取り組み、現在開かれている市議会で、2月25日の委員会で採択された。これを必ず実現させるために、木村くにのり必ず市議会ではたらかせてください!」
候補者スピーチトップバッター 木村候補の力強い訴えでスタート。
DSCN5657.JPG
小川匠市議は 3期目に挑戦。災害問題、自然環境を守る問題 自民党政治の下で噴出してきた様々な矛盾に対してきっぱりノウ!の声を上げよう!1昨年の台風19号の時は、100人を超える人が市内の避難所に集まった。避難所開設に携わる職員と行動を共にして、地域との連携や、体育館にエアコン設置、段ボールのベットの必要性など様々なことを学んだ。市長が進める開発優先でなく、コロナ禍の中、命を守る事が大事!
DSCN5658.JPG
寺田玲市議は、新しい住宅が建ち、若い人たちが増えている。お困りごとはありませんかと訪問すると、「保育所に入れない」という声がたくさん寄せられた。保育所に入れない子が、116人。1歳児は67人も待機している。自分も3人の子供を育てながら仕事をしてきたが、保育所に子供が入れないというのは、死活問題。介護保険制度導入されて20年。最初は2000円だったのが、5000円。第8機を迎えるにあたって、介護保険料が高くなるばかり。命とくらし守る市政へ頑張ります。
DSCN5663.JPG
5期目を目指す川畑市議は、かつて4名だった議員団が3名になった時に、悔しい思いの連続だった。何としても4名の議員団を!と訴え。
DSCN5664.JPG
梅村元衆院議員は 4名の候補者の活動を紹介。コロナ感染拡大は、自然災害ではない。政治の責任。大人が、子どもたちの命を守るためにも、力を合わせ、制度や社会を変えてゆこう。路上生活者の方たちとお話をした。前回のリーマンショックの時の状況と違っているのは、女性のホームレスがいること。非正規雇用で働く女性がいかに多いか。今回の選挙で、自民党政治にノウ!の審判下しましょう。政治のゆがみを正しましょう!と力強く訴えました。
この思いをさらに広げて!
DSCN5672.JPG
DSCN5669.JPGDSCN5670.JPGDSCN5674.JPG

おまけ 今日のお弁当 お結び1個なのに ノリ二枚持ってきた。なんか豪華に感じる(笑)
DSCN5650.JPG
posted by とんちゃん at 21:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: