2020年12月12日

アメリカ在住 小学生の時からの親友の手紙

12月3日に、小学生の時からの親友からメールが来た。
彼女は(Aさんとする)、小学校6年の時に転校してきて、美人、聡明で、クラスの人気者。何とか、友達になりたくて、彼女のそばをウロウロ。
そうこうしているうちに、中学になってから、彼女を含め、4人の仲良しグループで交換日記をしたり、今で言う女子会のはしり❓
試験勉強も一緒にした。彼女は、授業での集中力で、学力はトップ。一緒に炬燵で丸くなって試験勉強していても、「ねむ∼い」と横になって寝ていた。で、テストの点は、クラスでトップ。当然4人の中でも トップ。それが悔しいと、頑張るのがBさんだった。物静かなcさんは「偉いね〜私にはまねできないわ」とマイペース。でⅮさんこと私は、「なんでAさんは あんなに頭いいのか」と、いつか自分もそうなる〜とぼーっと生きていました(笑)今も、この性格は変わらない。

そのAさんは、高校を卒業してから、家庭の事情で進学をあきらめ、就職。結婚、そして夫がアメリカへ単身赴任というときに、「自分も行く」と、アメリカへ。
今に至ります。
私たち4人のグループに、いつからか、(こういう表現は失礼ですが)Eさんが加わり、「新潟県小千谷」つながりで今も交流が続いている。
互いに子育て中は無我夢中で会えなかったのですが、たまに会うと、時間が中学時代に戻ります。大切な親友です。

今年に入ってから、ラインでAさんが近況報告をしてくれてます。
その文章は、さすがAさん。
ブログで紹介していいか、彼女に断って以下紹介します。

みなさんお元気で送らしのことと思われます。早いものでもう今年も残すところ1カ月となりました。世界中さんざんな年となりましたが、来年は良い年になるといいですね。
こちらの山火事もかなり火になり、今はコロナのロックダウンが再び発動されるかどうか関心を集めています。LAではレストランも美容院も閉鎖ですが、オレンジ郡はレストランは店の外での飲食、美容院は人数制限で営業しています。もともと我が家はめったに外食しないので、影響ありません。時々はテイクアウトで気晴らしをしています。何しろ1日の感染者数が16万とか19万人とか(全米)驚くよりも、笑ってしまう数字ですよね。学校も3月〜ずーっと閉鎖です。春までは、再開は無理でしょうね。11月26日は感謝祭でした。娘が結婚してからずーっと一緒にいわってきましたが、今年は同居の家族だけでというお達しでしたので、娘が焼いてくれた七面鳥をとりに行って家族3人で祝いました。近所はいつもは路上駐車で我が家の前の通りも車でいっぱいになるのが、閑散としたものでした。そんな中で高齢者らしくひっそりと暮らしています。何とか生き延びてみんなに会いたいですから!。お互いに注意して再会を果たしましょうね!。ではまたね。

日本国内でなく、アメリカに住んでいる人と、こんなに簡単にメールで近況がわかる。
しかも、日本のテレビでは、感染拡大と、米大統領選挙のことで一色となっていた時に、一方的に流されるニュースに慌てることもなく、「自分らしさ」を見失わないÀさん。

遠い外国にいる彼女をまるで隣にいるような感覚で、ラインへの返事をし、毎年送っているちひろカレンダーを送ろうと、郵便局へ行ったら、コロナ感染拡大の影響を再認識する出来事が起こった。
アメリカに送りたいと言ったら、郵便局の職員が、「いつ着くかわからなくてもいいですか」と、慌てた様子で聞いてきた。「遅れても構わないという確認をいただかないと取り扱いできません」=その言葉に現実に引き戻された。
いろんなことが 動いている。通常業務以外に、特別業務も強いられながら、対応しなければならない現実。
感染拡大の影響が、日々の生活の中で感じた。

今年は コロナ感染拡大のなかで、当たり前の生活が当たり前でなくなる恐ろしさ、自助、共助を国民に押し付けて、公助の責任を果たそうとしない自民党政権への怒りが広がる中で新年を迎えます。
来年は私は年女でした。(なんかいめだ?)
DSCN3454.JPG (11月11日のフラワーデモの写真・昨日もやりました)

posted by とんちゃん at 12:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月06日

快適な事務所めざして リフオーム完成C

今度こそ完成!
これで、安心して階段上れる!
みんなとおしゃべりできる
DSCN4477.JPG

DSCN4479.JPG

12月6日 午前は なべさん運転で 市内を流す。権現山の紅葉がきれいです。
DSCN4496.JPG
DSCN4497.JPG
DSCN4498.JPG
11時には、上福岡駅西口の母親連絡会の行動に参加
8人の方がマイクを握り、「戦争は嫌だ」「命を生み出す母親は命を育て命を守ることを望みますの母親運動のスローガン。
この言葉のもとに 私は3人の子どもを育てながら働いてきた。
今日の行動に参加している人たちと ともにこの街で生きてきた。
平和のバトン手渡すぞ!そんな思いがあふれる行動となった。
DSCN4502.JPG
posted by とんちゃん at 19:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦争はイヤ

79年前の12月8日戦争が始まり、徴兵制によって赤紙1枚で戦争に駆り出された歴史の過ち繰り返さないためにーと、12月6日 上福岡駅西口ココネ広場で、ふじみ野母親連絡会が赤紙(召集令状)配布、宣伝行動を行いました。16名が参加、120枚の赤紙が1時間でなくなりました。
チラシを受け取った女性が、「私は東京大空襲を経験している。戦争は絶対いや。皆さんは、経験していないから、どこまで戦争の悲惨さがわかるのか疑問だわ」と、話しかけてきた。「写真や、本で知ったことを、戦争を知らない私たちが語りつがなければならない時だと思ってます」と答えると、「どこまで感じられるか疑問だわ」と、またいうのです。ニコニコとしながら。
「大変な思いで戦後を生き抜いてこられたのですね。ご苦労さまです」と、我ながら薄っぺらい返事だなあ〜と思いながら言葉を返すと「どこまで感じるか疑問だわ」と再度いって立ち去りました。

国の首相が 戦争の悲惨さを感じないで軍備増強しているから、こんな思いを抱く方が多いのではと思った。
DSCN4503.JPGDSCN4520.JPGDSCN4522.JPGDSCN4526.JPGDSCN4528.JPGDSCN4517.JPG
posted by とんちゃん at 14:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

使いやすい事務所へリフオーム完成B

DSCN4458.JPG
リフオームまだまだ終わらず(@_@)
今日は、階段の左側に手すりを付ける作業。
ポールを付けると その分階段の幅が狭くなるからと、階段の手すりを付ける作業。
「ちょっと、握って見て。握り具合どうだい?」と聞かれて、
「何となく、親指に力はいらない」と答えたら、「やっぱりそうかあ。堀が深いのは逆だったな」とか何とか言って、せっかく張り付けた木をとってしまった。
細い木の中を見ると きれいな溝が。職人技!

DSCN4459.JPGDSCN4460.JPG

今朝の駅頭インふじみ野駅西口
DSCN4451.JPG
posted by とんちゃん at 23:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

45年前から住んだ土地で

11月22日 伊藤初美ふじみ野市議と一緒に、後援会の皆さんとしない宣伝行動。
宣伝カー2台繰り出して、合計19回宣伝。
「線路を越えた地域で、演説を聞いてくれた人から拍手が起きた時はうれしかった」と伊藤市議。
私は、かつて町議選に出るときに演説の練習をした緑豊かな八丁地域の、景色様変わりを見ながらの演説。
年配の方が、足を止めて手を振ってくれる姿に励まされながら 街づくりについて政治の在り方を痛感しながらの宣伝でした。
DSCN4406.JPG
「選挙で政権交代!もうすぐ選挙だということがアピールできたいい宣伝行動だった」と参加された方からの感想。
さあ 今日もこれから宣伝です。
DSCN4402.JPG
posted by とんちゃん at 09:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする